自作ピザ窯2(設計、土台製作)

ピザ

ピザ窯の設計、製作について。設計は、googleのフリーソフトsketchup makeを使用しました。下記にCADデータのリンクを書いているので参考にどうぞ。製作では、コツなどをうまく伝えればと思っています。

設計

googleのフリーソフトsketchup makeでデザインを決めました。コンクリートを初めて扱うので設計は慎重に行いました。

コスト抑えるため単層構造にしました。レンガは、本来横で積みますが飾りなので立てて積んでいます。
火床は30㎝程度のピザが焼ければいいかなと思って設計しました。 
煙突は天辺の耐火レンガを引っ付けず穴を開けた状態で固め、煙突としました。しかし、実際に使用してみて単層構造では煙突をつけても空気の流れはうまく作れず温度が下がる原因になるだけのような気がします。
設計したsketchup makeのデータはこちらになります。
材料
耐火レンガ(115×230×65)×46 ¥9,384
レンガ(100×210×65)×18 ¥1,638
コンクリートブロック(390×100×190)×28 ¥3,584
アサヒキャスター CA-13T <コテ塗り>(耐火セメント)25kg×2
¥9,072
合計 ¥23,678

レンガ、耐火煉瓦、コンクリートブロックはホームセンターで購入しました。アサヒキャスター(耐火コンクリート)は、どこのサイトで買ったかは覚えてませんがまだ通販にあるようです。

土台製作

土台の基礎を固めてから、土台製作。
レンガやコンクリートブロックは水につけてからコンクリートを塗るを塗りやすい。コンクリートブロックの上に火床となる耐火煉瓦を敷きます。

土台完成。
タイトルとURLをコピーしました